読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「お前はずるい」と先輩に言われた

 
 
お前はずるい。
 
 
新人の頃に先輩に言われた。
 
 
お前、バカなフリしてるやろ。
「僕バカです」みたいなキャラを演じて失敗しても「バカやから仕方ない」って許されるキャラになろうとしてるやろ。
 
ずるいわ、それは。
 
 
ギクリとした。
 
確かに新人の頃の僕は、自分のアウトプットに自信がなくて
「すいません」
「ごめんなさい」
「申し訳ございません」
を連発していた。
 
自分はバカだ思っていたし、本当に仕事ができないと思っていた。
自分のアウトプットに自信がなかった。
自分で判断・決定する自信もなく、先輩に常に判断を仰いでいた。
 
「僕はバカです」というキャラを演じて、失敗しても許してもらおうと思っていた。 
失敗した自分を自分で許すためにそういった事を言っていた。
 
 
それを先輩に見抜かれた。
 
 
お前はずるい。
そうやって逃げてばっかりで、謝ってばかりじゃダメだ。
 
ええか。
謙虚と卑屈は違う。
 
自分のアウトプットに自信がないんか知らんけどすぐ謝るし、自分の意見を言わんやろ。お前は、自分では謙虚になっとるつとりかも知れんけどな、自分のアウトプットを蔑ろにして謝ってばかりで、周りから見たらそれは卑屈や。
 
謙虚な人間はな、みんなから好かれるけど、
卑屈な人間はな、誰からも相手されんようになるぞ。
 
先輩に淡々とそう言われた。
頭をぶん殴られたような気持ちになった。
 
 
「謙虚と卑屈は違う」
確かにそのとおりだ。
 
 
 
僕は自分のアウトプットを蔑ろにするのをやめた。
自分の意見を大事にした。
自分の意見や考え方を人に説明できるまで整理し、相手に伝えるようにした。
 
しみったれた負け犬根性をすぐに払拭する事はできなかった。
しかし、1ヶ月が経ち、2ヶ月が経ち・・・徐々に負け犬根性を払拭していった。
 
 
 
社会人歴も長くなり、今は中堅と呼ばれる年代になってきている。
自分の責任範囲も広くなり、日々いろんな事を判断・決定し仕事を進めている。
 
 
あの日先輩が言ってくれなかったら僕は今でも「負け犬根性のしみったれた奴」だったかもしれない。
 
「謙虚と卑屈は違う」
僕がすごく好きな考え方の一つだ。
 
先輩には本当に感謝している。
 
 

<スポンサーリンク>

 

<スポンサーリンク>